長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

活動報告

上伊那医療生協第33回通常総代会が開催されました

170625上伊那医療生協総代会①

6月25日13時より南箕輪村民センターを会場に上伊那医療生活協同組合第33回通常総代会が開催されました。総代会は180人の総代定数に対し、本人と書面で175名が参加し定刻通り開始されました。

小林伸陽理事長、清水信明病院長の挨拶に続き、野口正泰専務理事より第1号議案「2016年度事業報告及び決算、監査報告、損失処理案決定の件」、第2号議案「2017年度事業計画及び予算決定の件」、第3号議案「役員選任の件」、第4号議案「2017年度役員報酬決定の件」及び第5号議案「議案効力発生の件」の提案が行われ、渡邉光博監事より監査報告がありました。2016事業報告では、医療従事者、介護従事者の不足の困難を抱える中で、人工透析施設の増床や通所介護事業、居宅介護事業の利用が順調に推移した結果、4期ぶりに経常剰余金黒字を達成したことが報告されました。

質疑、討論では、様々な地域で組合員支部と地域が連携して学習やいのちとくらしを守る取組が行われた経験が報告され、積極的な議論が交わされました。

議案採決はすべての議案が賛成多数で採択され総代会は午後4時に終了しました。

総代会後の第1回理事会において、理事長に小林伸陽氏が、専務理事に根本賢一氏が選任されました。


長野県高齢者生活協同組合第19回通常総代会が開催されました

170624高齢者生協総代会①

6月24日佐久市コスモホールを会場に長野県高齢者生活協同組合第19回通常総代会が開催され、総代定数115名に対し、委任状、書面議決による出席も含め108名の参加で午前10時に開会しました。 続きを読む


長野県庁生協第63回通常総代会が開催されました

170622県庁生協総代会

6月22日(木)午後3時から県庁10階食堂ホールを会場に長野県庁生協第63回通常総代会が開催されました。総代会は、総代定数109名に対し書面議決含め101名の参加で定刻通り開会され、小林 透理事長(長野県総務部長)の挨拶に続き、柳澤弘二専務理事より、第1号議案「平成28年度事業報告、貸借対照表、損益計算書、剰余金処分(案)並びに監査報告について」、第2号議案「平成29年度事業計画(案)並びに収支予算(案)について」及び、第4号議案「役員報酬(案)について」の提案がありました。事業報告では、新規取扱商品の利用増加、「ながの銀嶺国体」関連グッズの利用、地域の特産品販売会の利用、売店レジの稼動を増やし混雑を緩和できたこと及び、指定店利用の増加によって、供給高、手数料収入が共に前年を上回ったことが報告されました。これらの取組の結果、平成28年度は増収増益となり、より安定した財務構造となりました。 このほか第3号議案「役員選任(案)について」が提案され、採決の結果、全議案が賛成多数で可決承認されました。総代会閉会後、生協やコープ商品、様々なサービスの紹介と利用の訴えがありました。


東信医療生活協同組合第34回通常総代会が開催されました

東信医療生協総代会①

6月17日(土)13時より上田市上野公民館を会場に東信医療生活協同組合第34回通常総代会が開催されました。総代会は155名の定数に対し本人と書面出席で142名、委任状7名の参加で始まりました。西澤弘行理事長の挨拶に続き、中澤祐一専務理事より第1号議案「2016年度事業報告及び決算関係書類、監査報告承認の件」、第2号議案「2017年度事業計画及び予算決定の件」、第3号議案「役員補充選任の件」及び第4号議案「2017年度役員報酬限度額決定の件」の提案が行われ、中村和幸監事より監査報告がありました。2016年度は、医師体制の減少による受診者の減少など困難な条件の中で、組合員のいのちと健康を守る取組をすすめ、人間ドック受診が増加したことや、老人保健施設なないろへの入所がすすみ利用者が増えた結果、下期には単月黒字化を達成し、事業損益が徐々に改善しつつあることが報告されました。質疑、討論では、組合員や職員から、組合員自身がお互いの生活を支え合う「お助け丸クラブ」の発足や、くらしと健康を守り生協の利用の結集に向けた積極的な発言が交わされました。採決では、全議案が賛成多数で採択され16時に総代会は終了しました。


双葉生協第59回通常総代会が開催されました

双葉生協総代会HP用

6月21日(水)JA長野ビル12階会議室を会場に双葉生協第59回通常総代会が開催されました。

総代会は、総代定数100名に対し書面議決・委任状含め97名の参加で定刻通り開会され、真島茂夫組合長の挨拶に続き、倉島清一専務理事より、第1号議案「平成28年度事業報告、決算報告並びに剰余金処分案承認の件」、第2号議案「平成29年度事業計画、収支予算決定の件並びに役員報酬承認の件」、第3号議案「議案決議効力発生の件」の提案が行われました。供給が減少する中でも、県内産農畜産物の消費拡大を目指し、季節の青果物の回覧予約の取組みなどを行った結果、引き続き経常剰余金を確保し、事業損益は順調に推移していることが報告されました。

このほか第4号議案「役員の補充選任の件」が提案され、採決の結果全議案が賛成多数で採択されました。