長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

消団連

長野県消団連について

長野県消費者団体連絡協議会は1960年に結成され、現在、代表的な県内消費者団体として12団体(連合長野、県連合婦人会、県労福協、県生協連、新婦人、アイ女性会議、農民団体会議、部落解放同盟、県労組会議、県勤労協、県労連、コープながの)の構成で活動を進めています。

県消団連は、消費者のくらしと健康、権利を守るため生活の各分野における幅広い諸団体が相互に連絡を保ち、連帯を強めて長野県の消費者運動を発展させることを目的としています。

主として次の事項について、情報交流、学習、視察研修、その他必要とする協同行動を行っています。

 

1) 消費者の権利に関わる事項

2) 食の安全ならびに有害・欠陥商品に関する事項

3) 環境に関する事項

4) 福祉・社会保障に関する事項

5) 税金・物価に関する事項

6) 消費者行政に関する事項

7) その他、消費生活に関わる重要問題

 

団体名簿はこちらをご覧ください

消団連活動報告

長野県消団連2020年度第2回幹事会(縮小幹事会)が開催されました。

  • 2020/05/19

5月18日(月)11時より、長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連第2回縮小幹事会を開催し、幹事・監事4名、事務局2名が出席しました。

縮小幹事会は、鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。

①第50回長野県消費者大会の開催について

・事務局より年間計画の内容や「消費者団体等活動支援事業(長野県)」の状況について報告があり、今年度の開催計画のスケジュールについて提案があり、協議しました。

・6月22日の幹事会において、開催の可否を含めて、今年度の開催概要を決めることとしました。

・開催の可否や開催方法、開催のテーマなど例年のスタイルにこだわらずに、議論することも必要との意見が出されました。

②年間活動計画の見直しについて

・事務局より2020年度予定事業とその実施見通しについて提案があり、協議しました。

・長野県消費者大会、行政との懇談会、行政アンケート、ながの消費者支援ネットの活動支援、LPガス料金の実態調査や学習会を計画していますが、今後の新型コロナの対応基準や県行政の企画やイベントの開催基準を参考にしながら、計画変更もあり得ることを含めて確認しました。

③2020年度市町村消費者行政調査実施計画について

・事務局より2020年度の実施計画について提案があり、協議しました。

・協議の結果、提案の内容を確認しました。また、新型コロナウィルスの対応での消費者問題や課題についても集約をできないか検討することとしました。

また、事務局より報告と情報提供が行われ、12時に閉会しました。

 

今回の幹事会をもって退任される手塚優子副会長からご挨拶をいただきました。

次回幹事会は、新型コロナウィルスの感染状況によっては、引き続き縮小幹事会または中止とする可能性のあることを確認しました。また、長野県くらし安全・消費生活課との懇談についても開催ができるかどうか県と調整することとしました。


長野県消団連2020年度第1回幹事会(縮小幹事会)が開催されました。

  • 2020/05/19

4月13日(月)10時30分より、長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連第1回縮小幹事会を開催し、幹事・監事4名、事務局2名が出席しました。

縮小幹事会は、鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。

①2019年度まとめと2020年度活動計画(2020年度予算案含む)(2次案)について

・事務局より2019年度まとめと2020年度活動計画及び予算案について提案し、協議しました。

・幹事からの事前の意見集約結果を共有し、提案を確認しました。なお、正式な幹事会を開催した際に改めて確認することとしました。

②2019年度収支報告について

・事務局より収支報告を行い、確認しました。

・新型コロナウィルス感染症対策により監査を延期している為、状況が落ち着いた段階で監査を実施し、幹事会に報告することとしました。

③長野県くらし・安全消費生活課との懇談機会の設定について

・新型コロナウィルス感染症の対策本部での対応状況によっては資料提供のみ、または、短時間での懇談とすることとしました。くらし安全・消費生活課と調整をすすめることとし、開催時期を未定としました。

④「新型コロナウィルス感染症」での、デマや不確実な情報により人権侵害が見られる地域での状況について、対処の必要性を協議し、長野県弁護士会や各種団体との連携も含めて情報を集約し、今後継続して検討することとしました。

また、事務局より報告と情報提供が行われ、11時35分に閉会しました。


長野県消団連2019年度第9回幹事会が開催されました。

  • 2020/05/19

2月10日(月)10時より、長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連第9回幹事会を開催し、幹事・監事8名、事務局2名が出席しました。

幹事会に先立ち、10時より「LPガス問題に関する学習会」を開催しました。

・幹事会メンバーの他に、県行政及び消費生活センターより計2名の参加がありました。

幹事会は、鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。

①2019年度まとめと2020年度活動計画(1次)

・事務局より報告があり、協議の進め方について確認しました。

・台風19号災害に際しての各団体の取り組み状況を集約し、まとめに項目を設けて記載することとしました。

②令和2年度長野県食品衛生監視指導計画(案)に対する意見

・事務局より報告があり、計画に対する意見のとりまとめについて確認しました。

・2/13までに事務局が意見集約し、2/14に会長決済にて提出することとしました。

また、事務局より報告と情報提供が行われ、12時に閉会しました。


長野県消団連2019年度第8回幹事会が開催されました。

  • 2020/05/19

1月20日(月)10時30分より、長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連第8回幹事会を開催し、幹事・監事10 名、事務局1名が出席しました。

幹事会は、鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。

①2019年度市町村消費者行政担当者と消費者団体・消費生活サポーターとの懇談会のまとめ

・事務局より懇談会のまとめについて報告があり、内容について確認しました。

・県行政の補助的な役割の側面もあるため、まとめの共有と共に、市町村行政との懇談会について県行政としての認識を確認することとしました。

②第49回消費者大会のまとめ

・アンケートの集計結果の報告が行われ、参加者の満足度の高い充実した内容であったことを確認しました。萩原なつ子教授の講演やファシリテーターによるところが大きいとの意見が出されました。

・グループワークは昨年に続いて好評価でした。

・次年度以降のテーマや運営方法について協議し、「防災減災」をテーマの候補としてはどうかとの意見が出されました。幹事会で各構成団体の今年度の台風19号災害復旧に関する取り組みについて意見交換を行ってはどうかとの意見が出され、次回幹事会で行うこととしました。

③長野県分野調整事業協議会委員の再任について

・長野県分野調整事業協議会委員として岩崎恵子副会長を再任することを確認しました。

また、事務局より報告と情報提供が行われ、11時30 分に閉会しました。


長野県消団連2019年度第7回幹事会が開催されました。

  • 2020/05/19

11月18日(月)10時30分より、長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連第7回幹事会を開催し、幹事・監事9名、事務局1名が出席しました。

幹事会は、鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。

①第49回消費者大会について

・当日運営の役割分担、シナリオ、基調報告(案)について確認しました。

②消費者行政懇談会の概況について

・口頭報告を確認し、次回幹事会にてまとめの提出を受け改めて協議することとしました。

また、事務局より報告と情報提供が行われ、11時40分に閉会しました。