長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

活動報告

2017年度 第9回常任理事会を開催しました

180208常任理事会

2018年2月8日(木)10:30より、信州大学旭会館(松本市)において第9回常任理事会が開催され、常任理事4名が出席しました。上田会長理事が開会を宣言した後、議長に就任し、議事を進行しました。 続きを読む


3.11を忘れない  みやぎ生協から被災地・宮城のいまをお伝えします

石巻増田会長

                               第54回2018年2月5日

復興公営住宅、家賃上昇に不安

「家賃を払いきれないようになったら、恥ずかしがらずに生活保護の手続きをした方がいいですよ」。石巻市のぞみ野第二町内会長の増田敬さんは、住民にそう話すことがあります。
復興公営住宅の入居者のうち政令月収(※1)8万円以下の低所得世帯は、国の「家賃低減事業」で家賃が低く抑えられています。5年間は少ない負担で住むことができますが、6年目から少しずつ上がり、11年目には一般の公営住宅と同じになります。
宮城県の復興公営住宅入居世帯のうち約7割は政令月収8万円以下の低所得世帯で、その多くは高齢者です。 続きを読む


災害時の連携を考える長野県フォーラムが開催されました

全体の様子 600

2018年1月29日(月)ホテルメトロポリタン長野3階浅間の間にて、長野県生協連・長野県社協・長野県NPOセンターが主催し、長野県が共催をして「災害時の連携を考える長野県フォーラム」が開催されました。
この企画は主催団体と長野県危機管理防災課とが協力して8回にわたる企画会議を重ねて準備をして来たもので、当日は97組織・団体から182名の参加がありました。
初めに長野県社会福祉協議会の青柳郁生常務理事より開会あいさつがありました。続いて全国社会福祉協議会 全国ボランティア・市民活動振興センター副部長の園崎秀治様より「民間における被災者支援と多様な連携の広がり~ボランティアの力を最大限に生かすための仕組み~」と題してご講演いただきました。
ご講演の中で、ボランティアの原則は自発性であり、活用ではなく連携・協働が基本、災害ボランティアセンター(以下、災害VC)運営の三原則は被災者中心・地元主体・協働であること、災害時の社協の役割や社協が災害VCを運営する意味、災害VCを支える支援の重要性などから、県域の支援体制充実の重要性、特に平時から顔の見える関係づくりの必要性についてお話いただきました。
続いて全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(以下、JVOAD)の事務局長の明城徹也様より「災害時における支援のネットワーク~支援の連携調整の取り組み~」と題してご講演いただきました。ご講演の中では、東日本大震災後、災害対策基本法や防災基本計画が改正される中で、3年間の検討を経て2016年11月1日に設立した経緯を話されました。東日本大震災の時の組織や団体のボランティアの活動が個々バラバラに行われていた様子や熊本地震での設立前のJVOADがかかわった被災地での情報共有会議の役割や運営状況、またその活動から見えてきた課題など、具体的な活動事例をお話しいただきました。
休憩と質疑応答をはさみ、後半は各参加者のエントリーシートの資料を基にグループ交流を行いました。最後には主催共催団体からの決意表明があり、お二人の講師から講評をいただきました。主催者を代表して長野県生協連の上田会長理事より閉会挨拶があり、充実したフォーラムが終了しました。


下期役職員研修会を開催しました

会場の様子 600

2018年1月26日(金)、ホテルメトロポリタン長野において、2017年度下期役職員研修会を開催し、会員生協や協同組合連絡会、長野県虹の会会員から37名が参加しました。
県生協連の牛澤高志専務理事の司会進行で始まり、冒頭、上田仁会長理事より主催者を代表して挨拶がありました。
最初の講演は、長野経済研究所調査部長の小澤吉則様より「長野県経済の現状と2018年の見通し~激動の世の中を生き残る「人を大切にする経営」~」と題して、お話いただきました。
ご講演の中で、新年の経済見通しや中長期的経済の見通しを話され2018年も好景気の継続が見込まれる中、2019年10月予定の消費税の10%へのアップや介護福祉業界をはじめ、人手不足の心配要因があると説明、今後の企業の成長力とは女性をはじめとした人材育成と人材活用が大切と話され、人を大切にした経営によりモチベーションを上げ、モチベーションの高い人材がファンを増やすと話されました。ファンづくりは今後10年、20年先の種をまく仕事でもあるとのことでした。
続いて、労働組合の役員や県労福協の理事のご経験もあるファイナンシャルプランナーの原泰彦様より「消費者の立場で資産運用のリスクとメリットを正しく理解する」と題して、生活者のための資産運用についてご講演をいただきました。
資産運用は特別な人のものではなく、すべての消費者が生活していくうえで関わるもので、無関係な人は一人もいないとお話を始められました。資産運用は目的をしっかりと考えることが大切で、目的達成のための手段が資産運用であること、その手段と手法の選び方、現在の税制・リスクとリターンの関係、リスク低減の方法など具体的な事例と数表からわかりやすくご説明いただきました。自分自身の価値観に正直に目的をもって行っていくことの大切さを学ぶことができました。
参加者からは、「わかりやすく楽しい講演でした。経済の見通しだけでなく、働き方改革も含めて、今後の経営に対しての提案があり、勉強になりました。」、「資産運用については、話がわかるのか?と心配でしたが、とても分かりやすいお話で、良く理解できました。」、「両方とも興味が持てる内容であったため、今後も継続してください」などの感想をいただきました。


長野県協同組合連絡会主催 職員交流集会を開催しました!

  • 2018/02/07
職員交流集会集合写真

1月24日(水)13時00分よりJA長野県ビル12階A会議室(長野市)において、協同組合職員交流集会~長野県版「もし…だったら」動画作成~が開催されました。各構成団体より30人、事務局を含め41人が参加しました。
冒頭、司会の長野県生協連の中谷隆秀事務局長が進行し、長野県森林組合連合会の林信一次長が開会挨拶を、労協ながのの青木健代表理事が主催者挨拶を行いました。
はじめにJC総研の副主任研究員の阿高あや氏が、「いま、なぜ協同組合なのか~長野県版「もし…だったら」動画作成にあたって~」と題して基調講演を行いました。講演の中で、協同組合の役割や価値について学ぶとともに、今年度は動画作成の目的や意味についてもお話していただき、世界中で協同組合の認知向上を図る「グローバル協同組合キャンペーン」が2015年11月から開始され、「なぜ(why)協同組合なのか」を重点に訴えていくこととなり、「もし…だったら」と題するビデオを雛形に基づき世界中で作り、ソーシャルメディアを通じて発信していく活動が行われています。今回はこの取組に賛同し、「なぜ協同組合なのか」を訴えること、「長野県の協同組合」をPRすることを目的に長野県版「もし…だったら」を作成するとのことでした。
基調講演の後、グループ作業に入り、各自が自己紹介とともに、準備してきたシーンと写真を紹介し、各テーマに分類し、共有しました。6つのグループがそれぞれ4つのシーンを選抜して模造紙にまとめて、最後に全員の前で発表しました。信州らしさあふれる素敵なシーンが24シーン出そろいました。
講師兼ファシリテーターの阿高氏は、グループ作業の中に信州らしさを感じた、この作業は各自が持ち寄ったものを互いに理解し共有したうえで、みんなで考えて合意を形成していくプロセスに大きな意味がある。互いの説明に耳を傾け、緩やかに合意を作る信州らしい風土や文化を感じたと話されました。
最後に、長野県労働金庫の営業統括部の原田亮次長代理が閉会挨拶を行いました。この動画はこの後、事務局により各シーンをまとめて完成をさせることになりました。学習会・グループワークによる動画作成の後は、休憩を挟み親睦交流会が行われ参加者が親睦を深めました。