長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

消団連

長野県消団連について

長野県消費者団体連絡協議会は1960年に結成され、現在、代表的な県内消費者団体として12団体(連合長野、県連合婦人会、県労福協、県生協連、新婦人、アイ女性会議、農民団体会議、部落解放同盟、県労組会議、県勤労協、県労連、コープながの)の構成で活動を進めています。

県消団連は、消費者のくらしと健康、権利を守るため生活の各分野における幅広い諸団体が相互に連絡を保ち、連帯を強めて長野県の消費者運動を発展させることを目的としています。

主として次の事項について、情報交流、学習、視察研修、その他必要とする協同行動を行っています。

 

1) 消費者の権利に関わる事項

2) 食の安全ならびに有害・欠陥商品に関する事項

3) 環境に関する事項

4) 福祉・社会保障に関する事項

5) 税金・物価に関する事項

6) 消費者行政に関する事項

7) その他、消費生活に関わる重要問題

 

団体名簿はこちらをご覧ください

消団連活動報告

長野県消団連2019年度第6回幹事会が開催されました。

  • 2019/10/10
第6回幹事会 2019.10.07 600

10月7日(月)10時30分より長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連2019年度第6回幹事会が開催されました。幹事会は、幹事・監事9名、事務局2名が参加しました。
幹事会は鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。
① 第49回消費者大会について
・当日運営の役割分担、シナリオ、基調報告の素案について協議しました。
・次回幹事会で確定版を確認することとしました。
② 消費税税率アップに関するアンケート
・実施の意義、設問内容(プレミアム商品券の設問への配慮、属性の質問の付加、本質的な部分への疑問を引き出す設問の設定、他)、取り組み規模(配布枚数・回収目標)等について協議しました。
・質問項目や実施時期等を未定とし、検討を継続することとしました。
③ LPガス料金問題に関する学習会(消費者セミナー)の設定について
・セミナーの規模、実施時期について協議しました。
・幹事会日程にあわせて、拡大幹事会(ながネット、業界関係者、長野県、他に参加を呼びかける)として、1月または2月に開催することとしました。
④ カジノ法に対するパブコメ(事後報告)
・協議の結果、提案どおり確認しました。
⑤ 消費者契約法に対するパブコメ
・協議の結果、提案どおり確認しました。
・消費者契約法の改正について、ながネットに講師を要請し、説明を受ける機会の設定を検討することとしました。
また、事務局より報告と情報提供が行われ、11時50分に閉会しました。


長野県消団連2019年度第5回幹事会が開催されました。

  • 2019/09/03
DSC09046

9月2日(月)10時30分より長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連2019年度第5回幹事会が開催されました。幹事会は、幹事・監事8名、事務局1名が参加しました。
幹事会は鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。
① 第49回消費者大会について
・基調報告を10分を目途として行うこととしました。これに伴い、萩原先生の講演開始時刻を10時40分としました。
② 第49回消費者大会参加計画及び広報について
・各団体の参加目標は昨年度の目標と同様とし、合計156名としました。
・広報チラシの内容を確認しました。
③ 消費者行政アンケートのまとめについて
・「結果概要」を一部補強し、内容を確認しました。
④ 市町村消費者行政窓口と消費者団体・消費生活サポーターとの懇談会について
・案内文書の内容とその発出予定について確認しました。
⑤ 第6回NAGANOデザインフェスタの後援について
・名義後援を承諾しました。
⑥ 第33回丸子地域消費生活展の後援について
・名義後援を承諾しました。
⑦ 消費税増税への対処について
・全国の動きを視野に入れつつ、増税に伴い発生する諸問題を把握(10~11月に実施)し、年度内を目途として行政に対する申し入れ等の機会を設け、集会等を実施することとしました。
・構成団体及び消費者大会参加者にアンケートを実施し問題状況を把握します。
⑧ 消費者被害等の通報先の周知について
・消費者トラブル(架空請求、還付金詐欺、他)の際の通報・相談窓口の周知を強化する必要があることから、県に実態の把握状況を照会し、消費者行政懇談会における協議テーマとします。
また、事務局より報告と情報提供が行われ、12時に閉会しました。


長野県消団連2019年度第4回幹事会が開催されました。

DSC08559

7月22日(月)10時30分より長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連2019年度第4回幹事会が開催されました。幹事会は、幹事・監事12名、事務局2名が参加しました。
幹事会は鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。
① 長野県消費生活審議会委員の推薦について
・長野県知事からの申し入れを受け、手塚優子(長野県消団連副会長)の推薦(重任)を行うこととしました。
② 令和元年度「県民文化部表彰」の実施について
・長野県県民文化部長からの通知を受け、当月末日まで構成団体からの自薦・他薦を事務局が受け付け、会長決済により推薦を行うこととしました。
③ 市町村消費者行政窓口と消費者団体・消費生活サポーターとの懇談会について
・9回の懇談会の会場と日程を確認しました。
・日本郵便株式会社信越支社及び長野県タクシー協会にも案内を発信することとしました。
④ 第49回長野県消費者大会の開催について
・テーマを「えんの力で地域力UP!」、サブテーマを「多様な主体がつくりだす円、縁、援、En(Empowerment、Enjoy、Ecology)が地域を変える」としました。
・グループワークの形式と運営、テーマとその設定方法、時間配分、まとめ方法等について協議し、萩原先生と相談、調整することとしました。
⑤ 消費者セミナーの開催について
・「カスタマーハラスメント」及び「LPガス料金問題」をテーマとし、ながネットとの共催を前提にすすめることとしました。
また、事務局より報告と情報提供が行われ、11時40分に閉会しました。


長野県消団連2019年度第3回幹事会が開催されました。

DSC08457

6月24日(月)10時より長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連2019年度第3回幹事会が開催されました。幹事会は、幹事・監事8名、事務局2名が参加しました。

幹事会に先立ち、消団連幹事会と長野県くらし安全・消費生活課との懇談会を行いました。くらし安全・消費生活課からは古川浩課長にお越しいただき、第2次長野県消費生活基本計画・消費者教育推進計画の進捗状況や、平成31年度施策体系の説明を聞きました。懇談の中では、主に長野県版エシカル消費認知度アップの取組みや、若者の被害防止・加担防止の警察とも連携した啓発ビデオの活用、外国籍の消費者への対応窓口などについて質問や意見が出され、活発な意見交換が行われました。

幹事会は鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。
① 第49回長野県消費者大会の開催について(1次案)
・今回の協議結果を受けて、萩原先生からも「大会テーマ」や運営について意見をいただき、次回の幹事会にて継続して協議をすることとしました。
② 市町村消費者行政窓口と消費者団体・消費生活サポーター及び地域福祉関係者との懇談会開催計画について
・計画概要を確認しました。
③ 「食の安全・安心フォーラム」後援の件(名義後援・事後報告)について
・内容を確認し了承しました。
また、事務局より報告と情報提供が行われ、12時に閉会しました。


長野県消団連2019年度第2回幹事会が開催されました。

  • 2019/05/24
第2回幹事会 600

5月20日(月)10時より、長野県婦人会館1階会議室にて長野県消団連2019年度第2回幹事会が開催されました。幹事会は、幹事・監事10名、事務局2名が参加しました。
幹事会は鵜飼会長の進行により以下の内容を協議しました。
① 第49回長野県消費者大会のテーマ設定について
・11月29日(金)に開催予定の消費者大会について、今回の協議結果を受けて講師と打ち合わせを行い、次回幹事会で継続してテーマ設定と内容・運営について協議することとしました。
② 2019年度市町村消費者行政調査計画について
・事務局より2019年度の消費者行政調査の内容と調査時期について確認しました。
・6月3日(月)に要請文書及びアンケートを発出し、6月末日をめどとして集計作業をすすめます。
③ 長野県くらし安全・消費生活課との懇談について
・6月幹事会において、くらし安全・消費生活課との懇談機会を設定し、消費生活基本計画の進捗状況と課題を共有し、今後の方向性及び重点について意見交換を行うこととしました。
④ 2018年度監査報告
・監査報告を受け確認しました。
⑤ 2018年度まとめと2019年度活動計画(確定)
・前回幹事会で協議した内容に沿って、修正箇所を確認しました。
また事務局より報告と情報提供が行われ、11時40分に終了しました。