長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

活動報告

長野県協同組合連絡会第6回幹事会が開催されました

20200225 第6回幹事会 600

2020年2月25日(火)13時30分より長野県JAビル4階B会議室(長野市)にて、協同組合連絡会第6回幹事会が8団体12名の参加で開催されました。大久保幹事長の挨拶に続き、大久保幹事長が議事を進行しました。幹事会では以下の6つの議案について協議を行いました。

1)  協同組合役職員交流集会「協同組合とSDGs」の総括について

・事務局より総括(案)の説明と提案があり、協議を行いました。今年度は参加者も多く、参加者アンケートからも有意義な時間でした。今年度は午後半日で時間がもう少し欲しいとの声も報告されました。次年度への課題としては、企画は継続し、午前からの企画として、夕食交流会は昼食交流として実施する方向で検討するなどの意見が出されました。

2)  次年度事業計画について

(1)新規企画として「協同組合を知ろう」協同組合バスツアーの提案がありました。

・開催時期:6月下旬~8月下旬頃

・定員:45名(事務局を含めて、大型バス乗車定員数)

・参加対象:初年度企画としてはトライアルでもあり、協同組合の職員及び組合員とし、今後事務局で詳細案を作成することとしました。

※併せて2020年度は協同組合シンポジウムは開催しないことも確認しました。

(2)長野県協同組合フェスティバル2020について

・協同組合間が連携し、活動を幅広くアピールする場として、2020年度も開催します。予算は例年通り協同組合連絡会からは100万円の予算の範囲内での企画とします。

・2020年度は例年通りの単独開催も考えるが、より来場者が多い他の企画とのコラボ企画も検討します。

(3)協同組合職員交流会

・2020年度も構成団体の若年層職員を対象に、協同組合組織・事業・活動の相互理解やネットワークを広げることを目的に開催します。

・開催時期:2021年1月頃で、一日開催で考えます。

・開催場所については、中信地域での開催も視野に入れて検討することとしました。

・概要:テーマに沿った基調講演+グループワーク形式とします。

・次年度は各参加団体の取り扱い食材の試食も含めて、昼食交流会として開催する方向で進めることを確認しました。開催候補地としては、信州大学生活協同組合の食堂などの意見が出されました。

(4)信州まるごと健康チャレンジ2020について

・協同組合が連携し、健康をキーワードに活動を幅広くアピールできる取り組みとして、次年度も開催する方向で検討し、実行委員会形式にて準備を進める。

(5)長野県協同組合連絡会50周年について

・令和3年度に協同組合連絡会設立50周年を迎えるが、特別な記念事業は行わないこととします。新規企画で「協同組合連絡会設立50周年記念事業」と銘打つことも検討します。

3)  2020年度の分担金について

昨年同様の負担金提案があり、確認しました。県生協連は例年通り25万円です。

4)  2020年度の事業計画スケジュールについて

事務局より年間スケジュール案が提案され、確認しました。

5)  第50回長野県協同組合連絡会総会について

通常総会のスケジュールや内容の提案があり、提案の通り確認しました。

6)  幹事会日程について

・年間日程の提案があり協議を行いました。年間5回開催の計画が提案されたが、新規事業の計画もあり、フェスティバルや健康チャレンジの実行委員会開催との関連もあることから、年間開催回数は今年度同様に年間6回の開催予定で確認しました。

7)  その他(報告)

・信州まるごと健康チャレンジの第6回実行委員会の報告があり、内容を確認しました。

・次回幹事会日程を 2020年5月13日(水)13時~15時とすることとしました。

以上