長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

活動報告

福島の子ども保養プロジェクト【コヨットinながの栄村秋山郷チャレンジキャンプ】を開催しました

集合写真2019 600

DSC08760 600

DSC08757 600

7月25日(木)から28日(日)の4日間、長野県生協連、森宮交通㈱主催、栄村秋山郷観光協会と株式会社信州アウトドアプロジェクトの協力により、長野県栄村秋山郷(のよさの里・オートキャンプ場、切明温泉)にて、福島の子ども保養プロジェクト【コヨットinながの 長野県栄村秘境秋山郷チャレンジキャンプ!】を開催しました。

この取り組みは、福島県の被災地の子どもたちに秋山郷でのキャンプなどの自然体験を通して、リフレッシュの場を提供しようと企画され今年で7年目になります。

福島県からの参加者は子ども25人(小4~小6)でした。プログラム内容は、秋山郷の森や池の探検・生き物探し・川遊び・秘密基地づくり・スイカ割り・流しそうめん・お祭りなどで、三泊四日のテント泊です。夜のナイトウォークや星空観察をしたり、三日目はお祭り料理を自分たちで作りお祭りを開いたりました。初日は不安な表情だった子どもたちも、運営スタッフの協力のおかげで無事に全員がキラキラした笑顔でキャンプを終了することができました。

◆参加者の声(抜粋)

〇今日は最後の日で、イモリを天池にかえしたり、いろいろなものをかたづけたりしました。そして、最後にブランコに乗りました。4日間の長野キャンプはとても楽しかったです。特に二日目のナイトハイクと三日目の川遊びが楽しかったです。6年生なので今年で最後なのが寂しいです。

〇この三泊四日でいろいろな人とともだちになれました。特に同じテントの人とはとてもなかよくできました。この四日間が本当に楽しかったです。

〇この四日間で一番楽しかったことは池でアカハライモリをとったことです。たくさんとれました。ヒミツ基地も作りました。少しむずかしかったです。川遊びはとびこみが楽しかったです。お祭りはおこのみやきを作りました。最後の日はテントを運びました。とても重かったです。とても楽しいキャンプになりました。

〇楽しかった。ヒミツ基地を作りブランコを作った。意外と乗れた。ご飯を作った。とんどんやカレー、おにぎりなどをつくりました。とても楽しかったです。池遊びはアカハライモリをとったりしてたのしかったです。朝みんなで行った足湯も最高でした。テントも楽しかったです。

〇わたしがこの四日間で一番楽しかったのは川遊びとお祭りです。川遊びでは岩から飛び込んで遊んだり、温泉に入ったりしました。そして、お祭りでは焼きそばを担当して作りました。私はキャベツやにんじん、ピーマンを切りました。そしてタムタム班のみんなが上手に火をつけてくれて、やさいはしんが残らずとてもおいしいやきそばができました。私はこの長野県のキャンプでは自然とふれあい、仲間と協力して楽しい思い出を作ることができた最高の四日間となりました。

〇一日目は最初、大丈夫かなぁと思ったけど、大丈夫でした。初めてテントに泊まって楽しかったです。またほたるを見て、とてもきれいだったです。川遊びはつめたい川と温かい川があり、とても楽しかったです。夜にはお祭りやおたのしみ会をやりました。祭りはやきそばを作りました。四日間いっぱい遊び、自然界を学びました。自然界はきびしいなとも思いました。四日間キャンプが楽しく思いました。またスタッフや友達に感謝でいっぱいです。