長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

木もれび通信

ラッパスイセン

ラッパスイセン①

ラッパスイセンの原産地は地中海沿岸です。ユリ科スイセン属の多年草です。黄色のラッパスイセンの花言葉は「尊敬」「心遣い」「あなたを待つ」「自尊」「報われぬ恋」があり、尊敬や心遣いなどはきれいな言葉ですが、「あなたを待つ」や「報われぬ恋」など切ない言葉も持っています。毎年、スイセンの葉をニラの葉と間違えて食べてしまって食中毒が発生していますので、くれぐれもご注意ください。見分けるコツは匂いです。(中谷)


フキノトウ

フキノトウ1 600

春の訪れを告げる山菜として人気のあるフキノトウ。わが国最古の野菜の1つで、現在は栽培もされています。栄養成分としてはビタミン類やカリウム、カルシウムなどのミネラルを含み、食物繊維も比較的豊富に含まれており、便秘にも効果的と言われています。フキみそ・天ぷら・佃煮などで食されています。都会より少し遅い長野の春が近づいてきました。(中谷)


ワタボウシ

わたぼうし1 600

タンポポのワタボウシ、芸術的にきれいな形。正確でバランスがあり見ていて飽きない。風に乗ってどこまでも遠くへ運ばれていく様はメルヘンの世界に誘われる気持ちになる。(中谷隆秀)


つつじ

ツツジ1 600

ツツジの花が満開になると、木が全く見えずに「花の玉」のようになります。この花だらけの満開のツツジを見ると感動します。種類が多いのも魅力ですね。今年もきれいに咲きました。(中谷隆秀)


たんぽぽ

たんぽぽ1 600

春になると草原やあぜ道、たくさん見かけるタンポポ。可愛くて、たくましくて、見ていても癒される素敵な野草です。タンポポの花、葉、根を天ぷらにして山菜と一緒に食べた事があります。意外に美味しかったですよ。(中谷隆秀)