長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

木もれび通信

ワタボウシ

わたぼうし1 600

タンポポのワタボウシ、芸術的にきれいな形。正確でバランスがあり見ていて飽きない。風に乗ってどこまでも遠くへ運ばれていく様はメルヘンの世界に誘われる気持ちになる。(中谷隆秀)


つつじ

ツツジ1 600

ツツジの花が満開になると、木が全く見えずに「花の玉」のようになります。この花だらけの満開のツツジを見ると感動します。種類が多いのも魅力ですね。今年もきれいに咲きました。(中谷隆秀)


たんぽぽ

たんぽぽ1 600

春になると草原やあぜ道、たくさん見かけるタンポポ。可愛くて、たくましくて、見ていても癒される素敵な野草です。タンポポの花、葉、根を天ぷらにして山菜と一緒に食べた事があります。意外に美味しかったですよ。(中谷隆秀)


りんごの花

りんごの花2_600

りんごの花が咲きました。

りんご農家ではおいしいりんごの収穫に向けて、花摘み、受粉、病害虫の防除など、大忙しの季節が始まります。(佐々木正博)


タラの芽

たらの芽 1 600

桜の花が終わると、山菜の季節が間もなくやってきます。

今の時期、愛好家の話題はもっぱら「タラの芽は何時、食べ頃になるか?」で盛り上がります。