長野県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します。

活動報告

長野県総合防災訓練に参加しました

トラック車列 600

訓練風景 600

11月5日(日)飯田市川路多目的広場を主会場に「平成29年度長野県総合防災訓練」が実施され、生協からは、コープながの、生活クラブ生協長野、県生協連事務局から5名が参加しました。

長野県総合防災訓練は、災害対策基本法・長野県地域防災計画及び飯田市地域防災計画に基づいて防災関係機関と地域住民が相互に連携して、各種の防災訓練を総合的に行うもので、毎年県内の市町村が会場となって実施され、今年は飯田市で豪雨による被害・敦賀湾沖地震による被害・伊那谷断層地震による被害・火災による被害・異臭発生による被害などを想定し開催されました。全体で41の訓練や災害体験、災害救助犬とのふれあい、災害パネル展示なども行われました。

県生協連からは訓練番号NO38の救援物資配送訓練に、コープながの、生活クラブ生協長野の配送車が参加し、模擬の救援物資を本部前に輸送する訓練を行いました。

また、JA長野中央会とともに給食訓練用のお米(水飯米)の提供を行い、日赤奉仕団が炊き出し訓練のカレーに使用していただき、訓練参加者や一般見学者などに提供されました。